S.RIDE加盟タクシー会社5社、新型コロナウイルス感染予防に向け取り組みを強化

タクシー配車アプリ「S.RIDE」を提供するみんなのタクシーとタクシー会社5社、モビリティメディア「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」(GROWTH)を運営するニューステクノロジーは、新型コロナウイルス感染予防に関する取り組みを発表した。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、S.RIDE加盟タクシー会社5社(グリーンキャブ、国際自動車、寿交通、大和自動車交通、チェッカーキャブ)は、これまで以上に様々な対策を実施している。具体的には、乗務社員の義務として出庫・帰庫時の体温チェック、出社退社時の手洗い・うがい・アルコール消毒を徹底するとともに、乗務時には、空調の常時外気導入と窓開放による換気を実施。また、接触感染における対応として、降車時の手すりなどの念入りなアルコール消毒など、車内の環境衛生に注力して安全・安心なモビリティサービスを提供に努めている。

今後は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各社がさらに連携を強化。4月13日より約1か月間、モビリティメディア「GROWTH」にて、タクシー会社5社の新型コロナウイルス感染防止に関する取り組みを配信する。また、ネット決済/QRコード決済利用可能エリアでは、現金を媒体とした感染拡大を防ぐため、タクシー配車アプリ「S.RIDE」を使用したネット決済もしくはQRコード決済での支払いを推奨していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース