ロシアのロールスロイス、最新の姿を激写!大統領専用車として2021年デビューか

アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)
  • アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)
  • アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)
  • アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)
  • アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)
  • アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)
  • アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)
  • アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)
  • アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)

ロシアの新興高級車ブランド「Aurus」(アウラス)初のクロスオーバーSUVとなる『Komandant』(コマンダント)市販型プロトタイプを、カメラが捉えた。

ロシア語で「指揮官」を表すコマンダントは、国家的威信をかけ、「コーテージ」(儀式の行列)プロジェクトとして開発。プーチン大統領の次期専用車とも噂されている。

厳冬のスウェーデン北部で捉えたプロトタイプは、ロールスロイスのクロスオーバーSUV『カリナン』を彷彿させるグリルとLEDヘッドライトが見てとれる。テールライトやCピラーなどはまだ開発途中のようだ。また、後部車室ドアは、カリナンがリアヒンジの観音開きなのに対し、一般的なフロントヒンジドアとなっている。

ダッシュボードは、ベースとなる高級サルーン『セナート』と似た最先端のデジタルクラスタ、インフォテイメントシステムなどを装備、コンポーネンツを共有しているようだ。

パワートレインは、4.4リットルV型8気筒エンジンを搭載。最高出力598ps、最大トルク880Nmを発揮するハイブリッドで、9速ATトランスミッションと組み合わされ、全輪駆動システムと連動するという。

市販型のワールドプレミアは2021年内、2022年から生産開始と予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • BMW初のFFモデルが大進化…「アクティプツアラー」次期型はここが変わる! 画像 BMW初のFFモデルが大進化…「アクティプツアラー」次期型はここが変わる!
  • トヨタ ハイランダー と真っ向勝負…ジープ グランドチェロキー に超ロングな3列シート仕様が加わる! 画像 トヨタ ハイランダー と真っ向勝負…ジープ グランドチェロキー に超ロングな3列シート仕様が加わる!
  • ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ、改良モデルで48Vマイルドハイブリッド搭載か 画像 ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ、改良モデルで48Vマイルドハイブリッド搭載か
  • センターロックホイール装備…ポルシェ ケイマンGT4「RS」は450馬力へ 画像 センターロックホイール装備…ポルシェ ケイマンGT4「RS」は450馬力へ

特集

おすすめのニュース