三井住友銀行、「TOYOTA Wallet」の機能拡充を支援

三井住友銀行と三井住友カードは4月6日、トヨタ自動車とトヨタファイナンシャルサービス、トヨタファイナンスの3社が展開する「TOYOTA Wallet」の機能拡充を支援したと発表した。

三井住友銀行と三井住友カードは2019年11月の「TOYOTA Wallet」iOS版アプリの提供を機に「TOYOTA Wallet残高」へのチャージ手段として従来のクレジットカードチャージに加え、「銀行Pay」を活用した「事業者型Pay」による複数の銀行口座からリアルタイムでチャージが可能な仕組を構築し、三井住友銀行の口座保有者向けにサービスを提供している。

今回、アンドロイド版アプリの提供を機に、プリペイド型電子マネー「TOYOTA Wallet残高」の提供に加え、「TOYOTA Wallet残高」にチャージできる銀行の拡充、「事業者型Pay」によるデビット型サービス「銀行Pay」で利用できる銀行の拡充を支援した。

具体的には、新たにゆうちょ銀行、横浜銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、沖縄銀行、北海道銀行、北陸銀行が「TOYOTA Wallet」に参画、各行の口座からも「TOYOTA Wallet残高」にリアルタイムでチャージができるようになる。

また、「事業者型Pay」によるデビット型サービス「銀行Pay」としても各行の口座を利用して銀行Pay加盟店で決済することが可能にする。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース