ホンダ 狭山工場と熊本製作所の稼働を一時停止 社員1人に新型コロナウイルスの感染を確認

ホンダは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響から国内工場の生産を一時停止すると発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響から部品調達に支障が及ぶ見通しから埼玉製作所・狭山工場の完成車ラインを4月16日、17日に停止する。

また、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な欧州で二輪車の需要が低迷しているため、4月13日、14日に熊本製作所の二輪車完成車ラインを停止して生産調整する。

一方、ホンダは埼玉県朝霞市の事業所に勤務する同社の従業員1人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。この従業員は3月18日から有休を取得しており、3月21日に発熱があったため病院で受診したがインフルエンザと診断された。その後も高熱が継続したためPCR検査を実施し陽性が判明した。所轄する保健所によると現時点で社内の濃厚接触者はいないとしている。

この従業員が勤務していた事業所建屋は3月27日の稼働を取りやめ、建屋で勤務する従業員の出社を停止。保健所のアドバイスのもと消毒を実施して3月30日から通常稼働する。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース