箱根登山鉄道の全線再開、7月下旬に前倒し---施工時間延長や暖冬などが功を奏する

「出山の鉄橋」として知られる早川橋梁を渡る箱根登山鉄道の『アレグラ号』。
  • 「出山の鉄橋」として知られる早川橋梁を渡る箱根登山鉄道の『アレグラ号』。
  • 箱根登山鉄道
  • 箱根登山鉄道箱根湯本駅

神奈川県の小田原駅(小田原市)と強羅(ごうら)駅(箱根町)を結ぶ箱根登山鉄道は3月26日、運行を見合わせている箱根湯本~強羅間の再開を7月下旬に前倒しすると発表した。

台風19号による被災で、2019年10月13日から運行を見合わせている同区間では、大平台隧道から大沢橋梁付近にかけてと、蛇骨(じゃこつ)陸橋から小涌谷(こわくだに)踏切付近にかけてが甚大な被害を受けた。その後、これらの復旧への前段階工事と関係機関との協議を進めた結果、2019年11月22日には2020年秋頃の再開が発表されていた。

しかし、復旧工事では施工時間を可能な限り延長できたことや、冬季の降雪や凍結が少なかったことなどもあり、再開を前倒しできることになったという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース