スズキ、ミャンマーに新工場建設へ 拡大する自動車需要に対応

スズキ・シアズ S
  • スズキ・シアズ S

スズキは3月23日、ミャンマー市場の拡大に伴い、四輪車の溶接、塗装、車体組立を行う新工場を建設すると発表した。

新工場は建屋面積約4万2000平米で、年間生産能力は4万台。2021年9月に稼働を開始する予定で、ヤンゴン市南東のティラワ経済特区の工業団地内に建設する。

ミャンマーにおけるスズキの歴史は古く、1998年に設立した合弁会社で翌1999年より二・四輪車の現地生産を始めたことを皮切りに、現在では2つの工場で『キャリイ』『シアズ』『エルティガ』『スイフト』の4機種を生産。2019年の生産台数は前年比25%増の1万3300台、販売台数は同28%増の1万3206台で新車販売のシェアは60.3%となった。

スズキは新工場を建設することで、引き続き拡大が見込まれるミャンマー自動車市場の需要に応えていく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース