ポルシェの営業利益が過去最高に、新車販売が9年連続で増加 2019年通期決算

ポルシェの2019年通期決算発表会
  • ポルシェの2019年通期決算発表会
  • ポルシェ・マカン改良新型
  • ポルシェ・カイエン・ターボ・クーペとポルシェ・カイエン・クーペ

ポルシェ(Porsche)は3月20日、2019年通期(1~12月)の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は過去最高の285億ユーロ(約3兆4045億円)。前年の258億ユーロに対して、11%増加した。

また、2019年通期の特別損益前の営業利益は、過去最高の44億ユーロ(約5257億円)。前年実績に対して、3%増えている。一方、営業利益率は、前年の16.6%から15.4%へ後退した。

2019年の世界新車販売台数は、新記録となる28万0800台。前年比は10%増と、9年連続で販売記録を更新した。単一国の最量販市場は、引き続き米国を上回った中国だ。中国では2019年、前年比8%増の8万6752台とプラスを維持した。中国を含めたアジア太平洋、アフリカ、中東は、合計で7%増の11万6458台を売り上げる。

また、欧州は前年比15%増の8万8975台と、2年ぶりに回復を果たした。このうち、地元ドイツは3万1618台で、前年比は15%増と3年ぶりに前年実績を上回った。米国は、8%増の6万1568台と、引き続き増加した。

日本は2019年、過去最高の7192台を販売した。前年比は0.4%増と、10年連続で増加した。ポルシェによると、日本国内において10年連続で新規登録台数が増加したブランドは、ポルシェが唯一という。SUVの『マカン』と新型『911』が、販売の伸びに貢献している。

2019年の世界販売の車種別実績では、SUVのマカンが引き続き最量販モデルに。2019年は改良新型投入の効果で、前年比16%増の9万9944台とプラスに転じた。『カイエン』も、クーペの設定などにより、前年比29%増の9万2055台と好調だった。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース