ヤマハ シグナス-X、新色ブルーとホワイト設定へ 2020年モデル

ヤマハ シグナス-X(ブルー)
  • ヤマハ シグナス-X(ブルー)
  • ヤマハ シグナス-X(ホワイト)
  • ヤマハ シグナス-X(ブルー)
  • ヤマハ シグナス-X(レッド)
  • ヤマハ シグナス-X(レッド)
  • ヤマハ シグナス-X(レッド)
  • ヤマハ シグナス-X(ブラック)
  • ヤマハ シグナス-X(ブラック)

ヤマハ発動機は、125ccクラス(原付2種)スクーター『シグナス-X』のカラーリングを変更し、2020年モデルとして4月10日に発売する。

シグナス-Xは、精悍なフロントフェイスや導光タイプのLEDテールランプといったスポーティかつ先進的なスタイルに加え、市街地の実用域でパワフルな出力特性を発揮し、優れた走行性を兼ね備えたモデルだ。

2020年モデルは、シグナス-Xのスポーティイメージをより強調するため、新たに「ブルー」と「ホワイト」を設定。ブルーは同社レースマシンをイメージしたカラーリングでアクティブさを演出。ホワイトは洗練されたスポーティスタイルを表現した。なお、「レッド」と「ブラック」は継続販売し、計4色のカラーバリエーションとなる。

価格は33万5500円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース