フィアット 500/500C、ラテン系乗用車初の登録台数5万台達成 国内導入から12年

フィアット500
  • フィアット500

FCAジャパンは、フィアット『500』および『500C』の日本での登録台数が3月5日で5万台に到達すると発表した。

フィアット500/500Cは、2008年3月の国内導入以来、愛らしいスタイリングと環境性能の高さが評価され、好調なセールスを持続。年間販売台数は10年連続で4000台を超えており、導入以来12年で、ラテン系乗用車としては初となる累計登録台数5万台を達成した。登録5万台目となるフィアット500は、同日、フィアット・アバルト三河(愛知県岡崎市)よりオーナーに納車される予定だ。

FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長は「自動車市場としてことに競争が厳しい愛知県だが、フィアットの販売台数は多く、昨年は東京を抜いて全国1位だった。今回、愛知県の主要ディーラーであるフィアット・アバルト三河にて、5万台目の登録車両が納車となり、心から嬉しく思っている」 と述べた。

フィアットでは近年、著名人オーナーのカーライフを紹介する「マイ・ファースト・フィアット」や、カーリースプラン「パケット・フィアット」などを展開してきた。これらの施策効果により、フィアット500/500Cモデルファミリーの女性オーナー比率は2005年の15%から2019年は64%に向上。また、オーナーの52%は国産自動車からの乗り換えが占めている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース