ホンダの軽二輪スクーター『ADV150』、4000台を受注 発売前に年販計画上回る

ホンダ ADV150(マットガンパウダーブラックメタリック)
  • ホンダ ADV150(マットガンパウダーブラックメタリック)

ホンダは、2月14日に発売するアドベンチャースタイルの新型軽二輪スクーター『ADV150』について、年間販売計画台数3000台を上回る約4000台(2月10日時点・正規取扱店経由)を受注したと発表した。

ADV150は、2019年10月に開催された「第46回東京モーターショー2019」にて、市販予定車として出展後、12月20日に発表。快適性や利便性、機動力に加え、個性的で力強い外観など、通勤や通学から趣味や非日常まで楽しめる軽二輪スクーターとして好評を得ている。高剛性なダブルクレードル構造のフレームに、耐久性と静粛性、燃費性能に優れたスクーター用グローバルエンジン「eSP」を搭載。また、足まわりを専用設計とすることで、未舗装路から高速道路までのさまざまなシチュエーションで快適な乗り心地を実現している。

購入のポイントとしては、「タフなイメージのアドベンチャースタイルの外観」「軽二輪スクーターとして取り回しやすい車体サイズ」「市街地から高速道路まで快適に走行できる力強いエンジンと専用の足まわり」「前後輪のディスクブレーキやエマージェンシーストップシグナルなど、安全性を意識した装備」「2段階の高さ調整が可能なスクリーンやホンダ スマートキーシステムなど、利便性を高める装備」などが挙げられている。

カラー別構成比はマットガンパウダーブラックメタリックが35%、ゲイエティーレッドが34%、マットメテオライトブラウンメタリックが31%となっている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース