日産と伊勢原市、災害時におけるEVからの電力供給で協定締結

伊勢原市と日産自動車、電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結
  • 伊勢原市と日産自動車、電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結
  • 災害発生時の「日産リーフ」からの電力供給イメージ図
  • 伊勢原市と日産自動車、電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結

日産自動車と神奈川日産自動車、日産サティオ湘南、日産プリンス神奈川販売は2月12日、神奈川県伊勢原市と「災害時における電気自動車(EV)からの電力供給の協力に関する協定」を締結した。

今回の協定は、伊勢原市がEVを非常用電源として活用できる体制を構築し、伊勢原市内の日産販売会社店舗が「日産リーフ」を無償貸与することで、市民の生命および身体の安全を守ることを目的としている。

具体的には、伊勢原市で災害を起因とする大規模停電が発生した際、または、停電発生の恐れのある場合にて、神奈川日産自動車、日産サティオ湘南、日産プリンス神奈川販売は、日産リーフを無償貸与。伊勢原市は日産リーフからの給電を行うことで、災害時でも継続して電力が供給できる体制を整え、避難所の円滑な運営を図り、市民の生命及び身体の安全を守る。このほか、伊勢原市が、市民や事業者が所有するEV等を非常用電源として貸し出すための災害時協力登録車制度を構築した際には、日産自動車は、日産従業員の協力を促進する。

日産自動車が、締結した自治体・企業との災害連携協定としては、今回の締結が全国で22件目となる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース