ランボルギーニ ウルス、最高の大型SUVに選出…独誌『Auto Motor und Sport』

ランボルギーニ・ウルス
  • ランボルギーニ・ウルス
  • ランボルギーニ・ウルス
  • ランボルギーニ・ウルス
  • ランボルギーニ・ウルス
  • ランボルギーニ・ウルス
  • ランボルギーニ・ウルス

ランボルギーニは2月6日、『ウルス』(Lamborghini Urus)がドイツの有力自動車誌『Auto Motor und Sport』の「Best Cars 2020」において、最高の大型SUVに選出された、と発表した。

ウルスは、『アヴェンタドール』、『ウラカン』に続いて登場したランボルギーニ第3のモデルレンジだ。ランボルギーニにとっては、『LM002』(1986~1993年)以来、およそ25年ぶりのSUVになる。

ウルスは世界初のSUVスーパーカーを標榜している。パワートレインは、4リットル(3996cc)のV型8気筒ガソリンエンジンを2個のターボで過給したユニットだ。ランボルギーニ初のターボエンジンは、最大出力650hp/6000rpm、最大トルク86.7kgm/2250~4500rpmを獲得する。

トランスミッションは8速AT、駆動方式は4WD。車両重量はおよそ2200kg。0~100km/h加速3.6秒、最高速305km/hと、SUVとしては世界屈指のパフォーマンスを備えている。

この賞には、ヨーロッパと中国の13の自動車雑誌から、およそ10万3000人の読者が参加。業界と自動車愛好家から高く評価された。

授賞式はドイツ・シュトゥットガルトで開かれ、ランボルギーニのステファノ・ドメニカリ会長兼CEOがトロフィーを受け取った。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース