ヤマハ MT-09、新色ブルーを追加へ…YZF-R1とのリレーションカラー

ヤマハ MT-09 ABS
  • ヤマハ MT-09 ABS
  • ヤマハ MT-09 ABS
  • ヤマハ MT-09 ABS
  • ヤマハ MT-09 ABS

ヤマハ発動機は、スーパーネイキッドモデル『MT-09 ABS』のカラーリングを変更し、2020年モデルとして2月25日より発売する。

MT-09は、クロスプレーン・コンセプトに基づき開発した水冷3気筒845ccエンジンを搭載する大型スポーツバイク。ネイキッドとスーパーモタードを融合させた斬新なデザインとトルクフルな走りで人気を集めている。

新色「ブルー」は、同社スーパースポーツのフラッグシップモデル『YZF-R1』2020年モデルとのリレーションを高めるため、ヤマハレーシングブルーをベースにマットグレーを組み合わせ、ダイナミックかつスポーティなカラーリングとした。なお、「マットライトグレー」と「マットダークグレー」、および上級仕様『MT-09 SP ABS』の「ブラック」は継続して販売する。

価格はMT-09 ABSが102万3000円、MT-09 SP ABSが113万3000円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース