ボッシュ、電動化や自動運転に10億ユーロ以上を投資へ…2020年計画

ボッシュの電動化技術のイメージ
  • ボッシュの電動化技術のイメージ
  • ボッシュとダイムラーが共同開発している自動運転車

ボッシュ(Bosch)は1月29日、2020年だけでも、モビリティの電動化、自動化、そしてネットワーク化に向けて総額10億ユーロ以上の投資を計画していると発表した。

ボッシュでは、既存事業の拡大と、新規事業への展開を目指している。2013年から2020年におけるボッシュの新たな成長分野に対する投資額は、総額約30億ユーロにのぼる見込みだ。

2020年、ボッシュは燃料電池を含めたeモビリティ分野だけで5億ユーロを投資する予定。自動運転分野には6億ユーロ以上を、さらにコネクテッドインダストリー分野に1億ユーロを投資する予定だ。

さらに、ボッシュは、2015年からモノのインターネットに関する活動を広げるために、6億ユーロを投資してきた。これには、ベルリンの新しいボッシュIoTキャンパスや、ボッシュのコネクテッドインダストリー事業の拡大が含まれている。

また、ボッシュは、エレクトロニクスのソフトウェア集約システムの市場は、現在から2030年まで、毎年20%成長すると予測している。ボッシュはソフトウェア開発に年間およそ37億ユーロを投資し、現在3万人のソフトウェアエンジニアを雇用している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース