トラック中継輸送の成功事例…ドライバーの負担軽減 国交省がとりまとめ

(イメージ)
  • (イメージ)
  • 中継輸送の取組事例集の概要

国土交通省は1月29日、中継輸送を活用してトラックドライバーの働き方改革を促進するため、成功事例をまとめた「中継輸送の取組事例集」を発表した。

特にトラック運送事業の長距離輸送分野では、泊付きの拘束時間が日帰り運行より長時間に及ぶ傾向が高く、この分野でのトラックドライバーの働き方改革が喫緊の課題となっている。

中継輸送は、トラックの長距離運行を複数のトラックドライバーで分担する輸送形態で、日帰り勤務を可能とすることで労務負担軽減や、人手不足緩和に資する方法のひとつとして注目されている。国土交通省では、中継輸送の普及促進のため、トラックドライバーの働き方改革につながる「実行モデル」となるよう、事業者の中継輸送の取り組み内容や、成功の秘訣を「中継輸送の取組事例集」としてまとめた。

具体的には、トレーラー・トラクター方式や貨物積み替え方式、ドライバー交替方式など、中継輸送の実施方式の説明や、自社単独か複数事業者連携かに分けて中継輸送の実施方法を整理・事例ごとの取り組み内容、中継輸送成功の秘訣を記載している。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース