マツダ×もみじ饅頭、コラボ商品第3弾「創立100周年記念BOX」を発売

マツダ創立100周年記念BOX
  • マツダ創立100周年記念BOX

マツダとにしき堂は、コラボレーション商品第3弾として、「マツダ創立100周年記念BOX」を1月30日に発売する。

ともに創業以来、広島を拠点に高品質な商品を提供し続けてきた、マツダとにしき堂。広島の代表的なお土産品である「もみじ饅頭」や「生もみじ」を製造・販売するにしき堂と、今年1月に創立100周年を迎えるマツダは、広島のモノづくりを通じて笑顔を届けたい、という思いをこの「マツダ創立100周年記念BOX」に込めたという。

同商品には、両社のモノづくりに対するこだわりを感じてもらうさまざまな工夫を施している。詰合せのもみじ饅頭(こしあん)には、発売から2月29日までの1か月間、にしき堂として初めて広島県産小豆を使用。広島県産小豆の使用は、広島県菓子工業組合の取り組みとして始める予定だ。

またオリジナル化粧箱には、マツダの歴史を彩るクルマ6台が描かれている。同封されている特製メッセージカードには、化粧箱に描かれているクルマと「シークレットカー」(1台)のうち、いずれか1台のデザイン画があしらわれ、裏面にそのクルマのストーリーを紹介。さらに購入者には、化粧箱とデザインを合わせたオリジナル手提げ袋を用意する。

価格は1100円。2020年1月30日から2021年1月29日(予定)まで、にしき堂 光町本店、直営店、にしき堂オンラインショップなどで販売する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース