ミシュラン、二輪用クルーザータイヤ「コマンダーIII」2タイプを2月より順次発売

ミシュラン コマンダーIII クルーザー(左)とミシュラン コマンダーIII ツーリング
  • ミシュラン コマンダーIII クルーザー(左)とミシュラン コマンダーIII ツーリング
  • レーザー技術による金型(モールド)が成型するサイドウォールデザイン

日本ミシュランタイヤは、二輪用クルーザータイヤ「ミシュラン コマンダーIII クルーザー」と「ミシュラン コマンダーIII ツーリング」を2月より順次発売する。

新製品は、重量感のあるゆったりとした乗り心地を損なうことなく耐久性を向上させるとともに、ドライ・ウェットでも安定したグリップを確保することを目的に開発。フロント、リアともにフルシリカコンパウンドを採用することで、ウェット路面での安全性に貢献する。また、フロントタイヤのトレッドデザイン最適化によりボイドレシオ(接地面に対する溝の割合)を3%向上させたほか、最新のケーシングプロファイルを採用したことで均一で最適な接地面積を確保。直進時はもちろん、コーナリング時も均一で安定した接地面を維持し、ライダーに安心感を与えると同時に、スムーズな乗り心地を提供する。

さらにサイドウォールにはベルベット調のデザインを採用。クルーザーバイクならではの重量感のある優雅さを演出する。

サイズは15インチから21インチまで全27サイズ、価格はオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース