あおり対策でドライブレコーダー出荷好調 10-12月期は4割増

電子情報技術産業協会が1月23日発表したドライブレコーダー国内出荷実績によると、2019年10~12月期の出荷台数は131万6720台、前年同期比40.2%増と大幅に増加した。

あおり運転が大きな社会問題となっている中で、あおり運転対策として効果があるとして需要が拡大している。

内訳は運行管理や安全運転教育などの法人向けの業務用が20万9925台、事故などの映像を記録するコンシューマー用が110万6795台だった。

2019年の出荷台数は479万5586台となった。2018年は354万9257台で、35%増となった。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース