トヨタ、「KINTO」を欧州市場に導入へ…4種類のサービスを設定

欧州向けトヨタ「KINTO」のイメージ
  • 欧州向けトヨタ「KINTO」のイメージ
  • 欧州向けトヨタ「KINTO」のイメージ
  • 欧州向けトヨタ「KINTO」のイメージ
  • 欧州向けトヨタ「KINTO」のイメージ

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門のトヨタモーターヨーロッパは1月14日、「KINTO」を欧州市場に導入すると発表した。

KINTOは、顧客と車との新しい関係を提案するサブスクリプションサービスだ。KINTOでは、税金や保険の支払い、車両のメンテナンス等の手続きをパッケージ化した月額定額サービスを用意する。好きな車や乗りたい車を自由に選べる。すでに、日本市場で開始されている。

トヨタモーターヨーロッパは、このKINTOを欧州市場に導入する。欧州向けのKINTOは、欧州のユーザーの嗜好に合わせて、4種類のサービスを設定しているのが特長だ。

「KINTO One」は、車両とメンテナンスサービス、自動車保険を組み合わせて、1か月ごとに支払う。車を簡単に所有できるフルサービスリースになる。

「KINTO Share」は、ハイブリッド車を使ったカーシェアリングサービスだ。欧州のいくつかの都市ですでに実施しているトヨタの既存のカーシェアリングサービス「Yuko」は、今後KINTOブランドに変更される。

「KINTO Join」は、ライドシェアサービスだ。毎日の通勤で相乗りを行うことにより、CO2排出量を削減し、従業員と企業の両方に利益をもたらすことを目指す。

「KINTO Flex」は、サブスクリプションベースのカーリースサービス、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 愛車サブスク「KINTO ONE」に16車種を追加、中古車版のトライアルも開始---トヨタ自動車 画像 愛車サブスク「KINTO ONE」に16車種を追加、中古車版のトライアルも開始---トヨタ自動車
  • ボルボ、サブスクリプション「スマボ」新プランを全車種に拡大 画像 ボルボ、サブスクリプション「スマボ」新プランを全車種に拡大
  • 高齢者へのサポカー普及には「サブスクリプション」が必要だ【岩貞るみこの人道車医】 画像 高齢者へのサポカー普及には「サブスクリプション」が必要だ【岩貞るみこの人道車医】
  • 中古バイクでサブスクリプション、メーカー横断で仕掛けるヤマハ「二輪活性化したい」 画像 中古バイクでサブスクリプション、メーカー横断で仕掛けるヤマハ「二輪活性化したい」

特集

おすすめのニュース