シーズ・ラボ、AI活用の車内状況分析システムを公開…オートモーティブワールド2020

シーズ・ラボ(オートモーティブワールド2020)
  • シーズ・ラボ(オートモーティブワールド2020)
  • シーズ・ラボ(オートモーティブワールド2020)
  • シーズ・ラボ(オートモーティブワールド2020)
  • シーズ・ラボ(オートモーティブワールド2020)
  • シーズ・ラボ(オートモーティブワールド2020)
  • シーズ・ラボ(オートモーティブワールド2020)

アルパインのソフトウエア開発子会社、シーズ・ラボは1月15日に東京ビッグサイトで開幕したオートモーティブワールド2020で、AIを利用したバス車内状況の分析システムをデモンストレーションで紹介している。

バス車内状況の分析システムは北海道大学調和系工学研究室と共同開発中のもので、汎用カメラで収集したバス車内の画像をクラウド上でAI学習し、そこで学習したモデルをもとに乗客数や着席状態、荷物など実際の車内状況をエッジAIでリアルタイムに検知し、発進して良い状態にあるかどうかの判断や、走行中に移動している乗客への注意喚起などを行うことで、円滑なバス運行を支援することを目指している。

シーズ・ラボ開発統括部の神美幸主任によると「車内に旅行者がいるとAIが判断すると車内アナウンスを日本語のほかに英語や中国語なども自動的に流したり、逆に旅行者がいないと判断すれば日本語のみに再び切り替えることもできる」という。

シーズ・ラボのブースは、つり革や座席が備えられて、バス車内に見立てた造りになっており、ブース上部に設置された汎用カメラの映像をもとに、AIが判断した模擬車内の状況、さらにドア開閉や発進の指示などをディスプレー上に映し出すデモが行われている。

シーズ・ラボはもともとバスの運行管理システムのソフトウエア開発を手掛けており、同システムの機能を充実させる一環として、AIを利用した車内状況分析を北大と共同開発することになったとしている。神主任は「今後も認識精度を上げる研究を継続し、早期の実用化を目指したい」と話していた。

《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • アルパイン、カーナビ NXシリーズ専用「ドライブセンサー」高画質カメラを発表 画像 アルパイン、カーナビ NXシリーズ専用「ドライブセンサー」高画質カメラを発表
  • 市販ナビ顧客満足度、アルパインが他社を引き離し8年連続トップ…JDパワー調査 画像 市販ナビ顧客満足度、アルパインが他社を引き離し8年連続トップ…JDパワー調査
  • アウディのコンパクト自動運転EV、『AI:ME』…CES 2020に出展 画像 アウディのコンパクト自動運転EV、『AI:ME』…CES 2020に出展
  • ボッシュが先進運転支援向けカメラ、AIで物体を検知…CES 2020 出展予定 画像 ボッシュが先進運転支援向けカメラ、AIで物体を検知…CES 2020 出展予定

特集

おすすめのニュース