ボッシュが先進運転支援向けカメラ、AIで物体を検知…CES 2020 出展予定

ボッシュ(Bosch)は、2020年1月に米国ラスベガスで開催されるCES 2020に、「インテリジェントフロントカメラ」を出展すると発表した。

インテリジェントフロントカメラは、画像処理アルゴリズムとAI(人工知能)を組み合わせて、物体を検知するのが特長だ。ボッシュのインテリジェントフロントカメラは、ボッシュ独自のマルチパスアプローチを採用したことにより、確実な物体認識が可能になった。

また、このカメラは路面標示がない場合でも、車線と路肩などを区別するために、見たものを分析することができる。混雑した都市交通において、部分的に隠れている車両、横切ろうとする車両、歩行者、自転車などを、迅速かつ確実に認識して分類することが可能だ。

このカメラにより、車両はドライバーへの警告や緊急ブレーキを作動させることができる。さらに、先進運転支援システムを改善し、その適用範囲を拡大できる。たとえば、自動ブレーキシステムを強化して、車両がさまざまな種類の動物に衝突するのを防ぐことができる、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース