マツダ CX-3 がスポーツSUV路線で再起!? 次期モデルの噂

マツダ CX-3 次期型(予想CG)
  • マツダ CX-3 次期型(予想CG)
  • マツダ CX-3 現行モデル(参考画像)
  • マツダ CX-3 現行モデル(参考画像)
  • マツダ CX-3 現行モデル(参考画像)
  • マツダ CX-30(参考画像)
  • マツダ CX-30(参考画像)

マツダのコンパクト・クロスオーバーSUV『CX-3』次期型に関する情報を、スクープ情報サイト『Spyder7』が入手した。『CX-30』の登場でその存在が危ぶまれているCX-3だが、モデルチェンジを果たすことはできるのか。

CX-3は、「魂動」デザインを採用した第5弾モデルとして初代が2015年2月に発売。その後2015年12月に「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を標準化するなど商品改良、2016年10月には「G-ベクタリング コントロール」が全車標準装備された。当初はディーゼル車のみのラインアップだったが、2017年6月にガソリン車「SKYACTIV-G 2.0」新設定し、2018年5月には初の大幅改良が行われている。

登場から4年が経過し、そろそろ次期型に期待したいが、『CX-30』の投入によりその存在が危機を迎えている。CX-30がCX-3と『CX-5』の間を埋めるモデルとして誕生したことにより立場が中途半端になり、2019年前半は1000台を超えていた販売台数が4月以降は大幅な減少となっている。

また北米市場において2020年モデルでは「Touring」「Grand Touring」グレードが廃止され、「Sport」へと一本化されることが濃厚となっているため、モデル廃止の可能性が囁かれているのだ。

しかしそんな中、明るい噂を聞きつけた。その情報によると、次期型では次世代プラットフォーム「SKYAXTIV-VEHICLE ARCHITECUTRE」を採用し、CX-30をさらにクーペ化したような超攻撃的スタイリングを採用、スポーツSUVとして生まれ変わるというものだ。

Spyder7スクープ班は、期待を込めて予想CGを制作。Aピラー&Cピラーに傾斜を持たせ、攻撃的クーペシルエットに。またキックアップデザインのCピラーによりシャープな印象を持たせた。リアタイヤハウス部分は若干膨らみを持たせ、さらにリア両サイド部分に縦型スリットを入れることでワイド感を強調、リアテールは若干細めのデザインにし、4連ランプ搭載でスポーティな仕上がりとしている。

予想されるパワートレインは、2.0リットル直列4気筒+マイルドハイブリッドの「SKYACTIV-X」、2.5リットル直列4気筒「SKYACTIVE-G 2.5」、そしてディーゼルターボ「SKYACTIVE-D 1.8」などだ。

CX-30により廃止へ追い込まれてしまうのか、それとも次期型で反撃を開始するのか。2020年内には答えがでそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • レクサスSUVの頂点『LX』次期型、2020年デビューか…新開発ラダーフレーム&電動化が目玉 画像 レクサスSUVの頂点『LX』次期型、2020年デビューか…新開発ラダーフレーム&電動化が目玉
  • これが最後の「6シリーズ」か…BMW 6シリーズGT、改良新型をスクープ 画像 これが最後の「6シリーズ」か…BMW 6シリーズGT、改良新型をスクープ
  • VW ゴルフGTI 新型、2020年3月デビューが濃厚…高性能バージョンは290馬力 画像 VW ゴルフGTI 新型、2020年3月デビューが濃厚…高性能バージョンは290馬力
  • BMW M3セダン 新型、6速MT搭載が決定的に…室内を激写! 画像 BMW M3セダン 新型、6速MT搭載が決定的に…室内を激写!

特集

おすすめのニュース