【モースポフェス鈴鹿2020】カテゴリーの垣根を越えたイベント

「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」の模様
  • 「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」の模様
  • 「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」の模様
  • 「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」の模様
  • 「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」の模様
  • 「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」の模様
  • 「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」の模様
  • 「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」の模様
  • 「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」の模様

鈴鹿サーキットやツインリンクもてぎの運営会社である「モビリティランド」は13日、来年3月7~8日に入場無料の「モースポフェス2020 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」を鈴鹿サーキットで開催すると発表した。

モビリティランドでは例年、モータースポーツシーズンの本格開幕を前にした時季(3月上旬頃)に鈴鹿で原則入場無料のファン感謝デーを開催してきた。それが前回(2019年3月)はトヨタ、ホンダとの3社共催という触れ込みのもとで「モースポフェス」というかたちに“進化”。今回の「2020年開催決定」の報に共催等の詳細記述はないようだが、『カテゴリーの垣根を越えたイベント』という形容から考えて、イベント名ともども中身と趣旨は前回を継承したものになると見られる。

鈴鹿サーキットの公式サイトに掲載される「特別ご招待券」があれば、入場は無料。グランドスタンドの席を事前に確保できる「リザーブシート」や、「グリッド&ピットウォークチケット」「前売駐車券」などは2020年1月5日からオンラインショッピングサイトの「MOBILITY STATION」で販売される。

開催コンテンツの詳細は12月中旬から順次アナウンスしていく予定という。日本のモータースポーツの“力”が全方位的に強くアピールされた前回同様、充実した内容となることが期待される。

新型コロナウイルス感染症のため中止> モースポフェス鈴鹿2020は2月21日に開催中止が発表されました。(編集部)

《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース