マツダ、CX-30/CX-5 アクセサリーパッケージ装着車など展示予定…東京オートサロン2020

マツダは、2020年1月10日から12日の3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」に、『CX-30』『CX-5』などクロスオーバーSUVのアクセサリーパッケージ装着車や、モータースポーツをイメージしたマツダ車のカスタマイズカーなどを出品する。

アクセサリーパッケージ装着車「CX-30シグネチャースタイル」は、「マツダデザイン」と自分らしさを表現する「カスタマイズ」の両立に挑戦したカスタマイズコンプリートパッケージ。CX-30の世界観を広げ、SUVとしての力強さを上質に表現した。オートサロンでは、ソウルレッドクリスタルメタリックとポリメタルグレーメタリックの2色のシグネチャースタイルに特別架装をして展示する。

「CX-5タフスポーツスタイル」は、アンダーガーニッシュとルーフレールでタフな印象のスタイリングとしたカスタマイズコンプリートパッケージ。インテリアの機能アイテムとしてオールウェザーマットやハード素材のラゲッジトレイをパッケージ化し、アクティブなライフスタイルを支援する。オートサロンではさらに特別架装をして展示する。

また『マツダ3』や『ロードスターNR-A』、『CX-5』を、モータースポーツをイメージしてカスタマイズした車両のほか、 「ピレリスーパー耐久シリーズ2019」で活躍したレーシングカー「村上モータースMAZDAロードスター」「HM Racers ヒロマツ デミオ」も展示する。

そのほか会場では、CX-30開発担当者によるトークセッションやマツダグッズの展示・販売も実施する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース