米マツダ、新CI販売店が100店舗に…2021年までに300拠点に拡大へ

米マツダの新CI導入販売店
  • 米マツダの新CI導入販売店
  • 米マツダの新CI導入販売店
  • 米マツダの新CI導入販売店
  • 米マツダの新CI導入販売店

マツダ(Mazda)の米国部門は11月7日、「リテール・エボリューション」プログラムを導入した販売店が、100店舗に到達した、と発表した。

マツダの米国部門は2014年、リテール・エボリューションと呼ばれる新プログラムの米国ディーラーへの導入を開始した。販売店のデザインに、新CI(コーポレート・アイデンティティ)を採用し、顧客がショールームに来場してからサービスを受けるまで、一貫したブランド体験ができることを目指している。

マツダの新しいディーラーは、米国市場におけるマツダの長期的なビジネス戦略にとって、不可欠という。リテール・エボリューション・プログラムを導入後、1年以上営業しているディーラーは、サービス維持率を平均57%向上させた。プログラム未導入のディーラーと比較して、売り上げは平均で前年比10%以上伸びているという。

マツダは2021年までに、リテール・エボリューション・プログラムを300の販売店に導入する予定だ。これは、マツダの全米の販売とサービス拠点の85%にあたる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ、国内四輪車販売店に新店舗デザインコンセプト導入 2020年6月より順次展開 画像 ホンダ、国内四輪車販売店に新店舗デザインコンセプト導入 2020年6月より順次展開
  • トヨタ、全販売店での全車種併売化を2020年5月に前倒し 加速する自動車業界の変革に対応 画像 トヨタ、全販売店での全車種併売化を2020年5月に前倒し 加速する自動車業界の変革に対応
  • マルチスズキのデジタル販売店「アリーナ」、450店舗以上に拡大…立ち上げから2年 画像 マルチスズキのデジタル販売店「アリーナ」、450店舗以上に拡大…立ち上げから2年

特集

おすすめのニュース