車をわかりやすく撮影するカメラアプリ、中古車個人間売買のアンカーが提供開始

車にスマートフォンをかざし、ガイドに沿って手順通り撮るだけ
  • 車にスマートフォンをかざし、ガイドに沿って手順通り撮るだけ
  • 車にスマートフォンをかざし、ガイドに沿って手順通り撮るだけ
  • 保存した写真はそのまま送れる
  • アノアー アプリ

クルマの個人間売買マーケットプレイス「アンカー」は、出品車の外観・内装写真を簡単に撮影できるiOS向けカメラアプリ「Ancar」を、10月9日より提供開始した。

個人間売買で車を出品する際に、時間と手間がかかるのが写真撮影と掲載。外観・内装・書類など、車の状態を伝えるには最低でも20~30枚、多い場合は約50枚程の写真が必要となる。また、掲載時にはナンバープレートを隠し、見やすいように写真を並べかえるなど加工作業も必要。そのため、写真撮影・掲載で出品を断念してしまうユーザーも少なくない。買い手にとっても写真は重要な情報源となり、写真の良し悪しが購買意欲に直結する。

今回リリースしたカメラアプリ「Ancar」は、スマートフォンでサポート手順に沿って車を撮影するだけで、出品時に必要な写真を簡単に撮影できる。アプリ起動後、画面に表示される車の形に合わせて撮影するだけで、ベストアングルの写真が撮影可能。ナンバープレート隠しも1本指で枠を移動させ、2本指で大きさの調整と回転を行うだけ。そのままデータを送れば、アンカーの出品車両へ反映される。

また、カメラアプリ指定のアングルで撮影した写真は同社でのクルマの査定にも活用。現車確認をする必要がなく、全国のユーザーからの査定依頼により正確に応えることが可能となる。

アンカーでは今後、Android端末への対応と動画機能を追加し、提携工場や中古車販売店でも活用できるアプリとしての開発していく計画だ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集