自動追従電動車いすの実証実験、一般利用客が参加して成田空港で実施 ANA

2019年5月に実施した自動追従電動車いすの実証実験の様子
  • 2019年5月に実施した自動追従電動車いすの実証実験の様子

全日本空輸(ANA)は、自動で前方の車いすを追従する自動追従電動車いすの試乗と国際線乗り継ぎ利用者を対象にした実証実験を、10月9日から11月28日まで成田空港で実施する。自動追従電動車いすの2020年以降の本格運用開始を目指す。

自動追従電動車いすは、前を走行する車いすにコンピュータ制御で自動追従する電動車いす。複数のセンサーが、車いすの隊列の間を横切る人や障害物を検知することで、車いすに乗る人と周囲の人、施設内利用者の安全性を確保する。

コンピュータ制御によって自然な加減速を行って快適な乗り心地を提供するとしている。エレベーターを使用する際や保安検査場などでの自動追従解除や再開も簡単で、乗り継ぎ時間が短い乗客の移動でもスムーズに案内ができるとしている。

今回の実証実験は、成田空港の利用客と、実際に乗り継ぎしり乗客に利用してもらい、電動車いすの乗り心地や便利さを体験してもらって、操作性などを検証する。

移動に不安のある高齢者を中心に、空港での乗り継ぎでの車いすの利用が増えている。成田空港では、1日あたり300台の車いすが乗り継ぎに使用されている。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集