ETC2.0データを活用して地域のモビリティサービスを強化へ 国交省

ETC2.0データと民間所有データを統合分析し、地域のモビリティサービスを強化する提案の募集
  • ETC2.0データと民間所有データを統合分析し、地域のモビリティサービスを強化する提案の募集

国土交通省は、ETC2.0データと民間所有データを統合分析し、地域のモビリティサービスを強化すると発表した。

国土交通省は、生産性革命プロジェクトとしてETC2.0データの官民連携での活用を推進している。国土交通省、東京大学、神戸大学は、大学がETC2.0データと民間企業所有データを統合分析し、より深化したデータ分析を図ることで、渋滞削減など、道路交通の課題を解決するとともに、新しい施策やサービスを創出し、地域モビリティの強化を図る。

このため、民間企業データとETC2.0データを活用することで、地域のモビリティサービスの強化につながる提案を募集する。提案は、有識者委員会が評価し、実用化に向けた制度的・技術的課題を検討した上で、実験を進めていく。募集期間は10月8日~11月7日。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ETC2.0データを活用して駐車場を案内 国交省とパーク24が連携 画像 ETC2.0データを活用して駐車場を案内 国交省とパーク24が連携
  • ETC2.0データを利用する新しいサービス、民間企業から19種類を選定 国交省 画像 ETC2.0データを利用する新しいサービス、民間企業から19種類を選定 国交省
  • ETC2.0と光ビーコンの情報は「迷惑」か「有用」か【岩貞るみこの人道車医】 画像 ETC2.0と光ビーコンの情報は「迷惑」か「有用」か【岩貞るみこの人道車医】
  • 地域の足、グリーンスローモビリティに関するシンポジウム 11月1日 画像 地域の足、グリーンスローモビリティに関するシンポジウム 11月1日
  • 日産 内田新社長、幼少期にエジプトでも過ごした帰国子女[新聞ウォッチ] 画像 日産 内田新社長、幼少期にエジプトでも過ごした帰国子女[新聞ウォッチ]

特集

おすすめのニュース