本田技術研究所の技術者、「双方向の系統連系電力変換器」でIEC1906賞を受賞

ホンダの研究開発子会社である本田技術研究所の山田想氏が10月8日、国際電気標準会議(IEC)標準化活動功労者として「IEC1906賞」を受賞した。

IEC1906賞は、IECの技術活動に関連し電気・電子技術の標準化およびその関連活動への多大な貢献・業績を称えるため、IECが専門家(個人)に対し表彰するもの。

受賞テーマは「Bi-directional grid-connected power-converters(双方向の系統連系電力変換器)」。山田氏は、再生可能エネルギーやEVに蓄えた電気等と系統電力をやり取りして充電・給電を可能にする系統連系電力変換器の国際標準化をプロジェクトリーダーとして推進し、国際標準規格IEC 62909-2の発行に貢献。IEC/TC 22(パワーエレクトロニクス)/SC 22E(安定化電源装置)の技術分野にて、「パワーマネージャー」の開発経験が活かされ、今回の受賞に至った。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース