JR四国の新型観光車両「ものがたり列車」は2020年4月18日に登場…幕末の志士にちなんだグリーン車2両編成

両側面に「遙か水平の先を見つめる龍馬像」をデザインしたという1号車の「Kurofune」のイメージ。帯部分のデザインは蒸気機関をモチーフにしている。
  • 両側面に「遙か水平の先を見つめる龍馬像」をデザインしたという1号車の「Kurofune」のイメージ。帯部分のデザインは蒸気機関をモチーフにしている。
  • 両側面に夜明けや青空に輝く太陽をデザインしたという、2号車「Sorafune」のイメージ。帯部分のデザインはロケットエンジンをモチーフにしている。
  • 1号車「Kurofune」の車内イメージ。座席レイアウトは対面式が基本だが、出入口付近にはテーブルを囲みながら自由に歓談できる「高知家の団らんシート」を12席設置。運転席側には3人以上のグループ向けに4人用シートが設置される。
  • 1~2人利用で窓向きの座席を基本とした2号車「Sorafune」の車内イメージ。 座席は角度が異なるものが用意される。他にサービスカウンターや車椅子席、多目的トイレ、女性専用トイレも設置。
  • 座席レイアウト。上は基本状態で、中は「Sorafune」が対面状態になった場合、下は「Kurofune」が窓向き状態になった場合。

JR四国は9月30日、『志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり』の運行を2020年4月18日から土讃線高知~窪川間で開始すると発表した。

坂本龍馬や中岡慎太郎など、高知県にゆかりのある幕末の志士と彼らを支えた女性たちにちなんだJR四国の新たな「ものがたり列車」で、キハ185系特急型気動車を改造した「KUROFUNE」「SORAFUNE」の2両編成を使用し、土休日に特急として運行する(7月以降は金曜日も運行)。

下りの窪川行きは「立志の抄」として、上りの高知行きは「開花の抄」として運行され、時刻は高知12時04分頃発~窪川14時40分頃着・15時10分頃発~高知17時56分頃着。

途中、土佐久礼(とさくれ)駅(高知県中土佐町)と安和(あわ)駅(高知県須崎市)に停車し、土佐久礼駅では「立志の抄」が下車、「開花の抄」が乗車のみできる。安和駅は写真撮影のための停車となる。伊野~波川間に架かる仁淀川橋梁などの景勝区間では速度を落として走行する。

2両ともグリーン車となるため、乗車には乗車券・特急券のほかにグリーン券も必要。車内では高知名物の皿鉢(さわち)風創作料理なども有料で提供される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集