東武野田線全線に急行、柏始発の特急も 2020年3月ダイヤ改正[写真追加]

東武鉄道(東武)は9月27日、「東武アーパンパークライン」こと野田線で2020年3月にダイヤ改正を実施すると発表した。

この改正では、六実(むつみ)~逆井(さかさい)間約3.9kmの複線化が2019年度に完成する予定となっていることから、運河~船橋間で運行している急行を全線に拡大し、柏~船橋間を最大11分、大宮~船橋間を最大16分短縮する。

急行は6~9時台と16~22時台に柏~船橋間で毎時2本運行され、朝ラッシュ時間帯は9分、夕夜間ラッシュ時間帯は11分短縮する。日中の10~15時台は大宮~船橋間で毎時2本の運行とし、16分短縮する。

また、平日朝・夕、土休日朝・夕夜間の大宮~柏間では、運河~柏間各駅の運行頻度を確保するため、区間急行を新設する。

このほか、平日夜には500系特急型電車「リバティ」を使用した柏発の特急『アーパンパークライナー』を清水公園・春日部方面へ運行。他社線との連絡駅である大宮・流山おおたかの森・柏・新鎌ヶ谷・船橋の各駅では、終電を最大30分程度繰り下げる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース