JR九州大村線で道床流出…早岐-竹松間で運行見合せ 台風17号

9月22日に九州西部を襲った台風17号の影響で、JR九州大村線が同日16時から一部区間で運行を見合わせている。

9月24日7時時点の内閣府からの発表によると、川棚駅(長崎県川棚町)と彼杵(そのぎ)駅(長崎県東彼杵町)の間で道床流出が発生しており、JR九州では博多~ハウステンボス間の特急『ハウステンボス』を除いて、早岐(はいき)~竹松間での運行を見合わせている。

これにより、9月24日から同区間でバス代行を実施しているが、9月25日はバスの所要両数を確保できないため運休。9月26日は運行するものの、9月27日以降は未定としている。

また、肥前山口駅(佐賀県江北町)経由で佐世保線~長崎本線を通過する迂回乗車も実施しており、乗車券のみで特急の普通車自由席を利用できる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース