【マツダ CX-30】パイオニアの8スピーカーシステムを採用、クリアな音質を実現

(1)Aピラー 2.5cmツイーター×2、(2)フロントドア 8cmミッドレンジ×2、(3)カウルサイド 12cmボックスウーファー×2(リアドアは(2)同じ8cmミッドレンジ×2)
  • (1)Aピラー 2.5cmツイーター×2、(2)フロントドア 8cmミッドレンジ×2、(3)カウルサイド 12cmボックスウーファー×2(リアドアは(2)同じ8cmミッドレンジ×2)
  • マツダCX-30
  • マツダCX-30
  • マツダCX-30
  • マツダCX-30
  • マツダCX-30

パイオニアは、同社のスピーカーシステムが、マツダの新型クロスオーバーSUV『CX-30』のオーディオシステム「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」に採用されたと発表した。

マツダ・ハーモニック・アコースティックススピーカーシステムは、8個のスピーカーで構成される音質にこだわり抜いたサウンドシステムだ。高音質パーツの採用に加え、マツダの構想に基づき、ウーファーをフロントドアではなくカウルサイド(車両前方コーナー)に設置、最適化することで音の伝搬効率を向上させるとともに、ノイズを大幅に低減。パイオニアの音響技術・ノウハウと、マツダのサウンドアーキテクチャに基づいたスピーカーレイアウトを組み合わせることで、原音に忠実でクリアな音質を実現する。

なお同スピーカーシステムが採用されたのは、『マツダ3』に続き、2車種目となる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集