販売店での試乗を自動化・効率化 ナビタイムジャパン、電通のAI試乗ソリューションに技術協力

AI試乗ソリューション
  • AI試乗ソリューション

ナビタイムジャパンは、9月17日より電通と電通デジタルが提供を開始したAI試乗ソリューションに技術協力している。

AI試乗ソリューションは、これまで営業スタッフが顧客と同乗して行っていた試乗ルート案内や車のセールスポイント紹介など、試乗中の会話を車載スマホに入ったAIが代わりに行うことで、顧客だけで試乗を楽しんでもらうもの。試乗に対する心理的ハードルを下げる、試乗と査定の同時進行による業務効率化、試乗に関するやりとりだけをテキストデータ化してその後の接客に活用する、などの効果が期待できる。

ナビタイムジャパンは、これまで培ってきた経路検索機能や音声案内機能などのカーナビゲーション技術を活かし、来店者がスムーズに安全に試乗体験をできるよう、営業担当者の同乗がなくても、試乗コースの音声案内と、AIとの会話とを両立させるスマホアプリを開発。また、その試乗ルートや来店者への車の特徴の説明や質問内容を、営業担当者が簡易にリアルタイムに設定できるユーザーインターフェースを備えた顧客管理Webシステムも開発し、同ソリューションの制作・開発を幅広く支援している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集