カレコカーシェアリング、XC40 を導入 ボルボ3車種目

カレコ・カーシェアリングクラブは、9月10日より、ボルボ『XC40』を、「新宿サブナード(地下駐車場)」ステーションに導入すると発表した。

XC40は、小型車向け新世代プラットフォーム「CMA(コンパクトモジュラーアーキテクチャー)」を採用したボルボ初のコンパクトSUV。新プラットフォームと高効率なパワートレーンにより高い走行性能を実現し、カジュアルで個性的なエクステリアに高い実用性と洗練された北欧デザインを両立したインテリアを採用している。

カレコでは2019年4月からボルボ『XC90』および『V60』を「セルリアンタワー(地下3階駐車場・東京都渋谷区)」ステーションに導入しており、今回のXC40導入により、ボルボ3車種を利用できるようになる。

利用料金(ベーシックプラン)は、XC90が6時間9800円、12時間1万1600円、24時間1万4200円など、XC40およびV60は6時間6800円、12時間8000円、24時間9800円など。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース