東芝、グループ合計27社と「ホワイト物流」推進を宣言

イメージ
  • イメージ

東芝とグループ合計27社は、国土交通省・経済産業省・農林水産省が推進する「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同し、持続可能な物流の実現に向けた自主行動宣言を提出した(8月30日)。

「ホワイト物流」推進運動は、深刻化するトラックドライバー不足に対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済成長に寄与することを目的に、トラック輸送の生産性向上、物流効率化、女性・高齢運転者が働きやすい労働環境の実現に取り組む運動。

東芝グループは、今回の自主行動宣言に基づいて各社がそれぞれの事業に合わせて作成した自主行動宣言に基づき、開発、設計、調達、製造、販売などサプライチェーンに関わる全部門が一体となってホワイト物流推進運動を推進する。

「輸送条件を考慮した製品設計」「出荷情報の事前提供」「出荷に合わせた生産・荷造り」「船舶や鉄道へのモーダルシフト」などに着手、物流改善の取り組みを加速する。

また、グループ製品を納入先にもホワイト物流推進運動の主旨を理解してもらい、ホワイト物流の実現を目指す。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 「ホワイト物流」推進運動へ、上場企業トップに政府が参加を要請…賛同企業名を公表 画像 「ホワイト物流」推進運動へ、上場企業トップに政府が参加を要請…賛同企業名を公表
  • 「ホワイト物流」推進運動を国民に呼びかけへ 国交省 画像 「ホワイト物流」推進運動を国民に呼びかけへ 国交省
  • 【マツダ3 新型】マイルドハイブリッドシステム用バッテリーに東芝の二次電池「SCiB」を採用 画像 【マツダ3 新型】マイルドハイブリッドシステム用バッテリーに東芝の二次電池「SCiB」を採用
  • 炎天下の車内に子どもを置き忘れない安全装備、米日産が全SUVやセダンなどに標準化へ…2022年までに 画像 炎天下の車内に子どもを置き忘れない安全装備、米日産が全SUVやセダンなどに標準化へ…2022年までに

特集