ジョルダン、豊田市の観光型MaaSモバイルチケットを販売

モバイルチケット購入フロー
  • モバイルチケット購入フロー
  • モバイルチケット利用フロー

ジョルダンは8月28日から、豊田市の「観光型MaaS」モバイルチケットの提供を開始した。自治体向けのサービスは初めて。

豊田市は、今秋開幕するラグビーの国際大会のため、国内外から多くの来場者が見込まれている。観光型MaaSサービスによって利用者は、多言語に対応したアプリで企画きっぷを購入、そのままスマートフォン1つでバス・飲食店・観光施設の利用が可能となる。

バス乗車券には、ジョルダンが日本での総代理店契約をしている、Masabiのモバイルチケッティングサービス「ジャストライド」が採用される。この技術を使った「観光型MaaS」は国内では初めて。

モバイルチケットの販売期間は、2019年8月28日~10月27日。豊田市内のバスの1日乗車券「とよた1DAYパス」と1日乗車券に飲食などのサービスを付加した企画きっぷ「ENJOYとよたパス」が対象。利用者は、アプリで、キャッシュレスでチケットを購入できる。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ジョルダンの子会社、野村総研と提携してMaaS事業拡大 画像 ジョルダンの子会社、野村総研と提携してMaaS事業拡大
  • 「ジョルダン乗換案内」アプリに高速バスのモバイルチケットを導入 画像 「ジョルダン乗換案内」アプリに高速バスのモバイルチケットを導入
  • ジョルダン、MaaS向けモバイルチケットの取り扱いを開始 5月から 画像 ジョルダン、MaaS向けモバイルチケットの取り扱いを開始 5月から
  • JR東日本とANAがMaaSで連携…陸と空がシームレスに 画像 JR東日本とANAがMaaSで連携…陸と空がシームレスに

特集