クボタ、果樹等収穫作業の自動化分野に参入 米スタートアップ企業に出資

クボタは8月28日、ロボット技術をベースとした農業分野の自動化ソリューションを手掛ける米国のスタートアップ企業「advanced.farm社」に出資したと発表した。

自動車 ビジネス 海外マーケット
クボタは8月28日、ロボット技術をベースとした農業分野の自動化ソリューションを手掛ける米国のスタートアップ企業「advanced.farm社」に出資したと発表した。

クボタは、社外パートナーとの連携によるオープンイノベーションを活用し、顧客に新たな価値を提供することを目指し、推進部門として今年6月に「イノベーションセンター」を立ち上げた。

今回、果樹・露地作物農家でニーズの強い「収穫作業」に着目し、同分野で先進的な自動化ソリューションを手掛け、イチゴの自動収穫ロボットの製品化に向けた開発を行っているadvanced.farm社へ出資することを決定した。

今回の出資により、イチゴおよび他の露地作物の収穫作業等の省力化・自動化のための技術開発を強化するとともに、これら技術を用いたソリューション事業を推進。米国およびその他地域における農作業の省力化・効率化への貢献を目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • クボタ、同社最大クラスの高馬力帯トラクタを北米市場投入へ 画像 クボタ、同社最大クラスの高馬力帯トラクタを北米市場投入へ
  • クボタの田植機『ナビウェル』、機械工業デザイン賞を受賞 画像 クボタの田植機『ナビウェル』、機械工業デザイン賞を受賞
  • デンソー、次世代農業用ハウス「プロファーム T-キューブ」を市場導入 自動車分野の技術を応用 画像 デンソー、次世代農業用ハウス「プロファーム T-キューブ」を市場導入 自動車分野の技術を応用

特集

おすすめのニュース