バンテック、ダブル連結トラック輸送を開始 静岡-京都

ダブル連結トラック
  • ダブル連結トラック
  • 車両構造の教育の様子

日立物流グループのバンテックは、8月20日から静岡県と京都府を結ぶルートに、ダブル連結トラックの幹線輸送を開始したと発表した。

ダブル連結トラックは、大型トラック2台分の貨物量を運ぶことが可能で、輸送効率の向上、CO2排出量削減が図れる。静岡県と京都府を結ぶルートでは、両拠点からトラックを運行し、ルートの中間地点でドライバーが交代する中継輸送を実施する。これによってドライバーの運転負担の軽減も図り、働き方改革を推進する。

ダブル連結トラックの運行開始では、同社グループの安全GK推進部とドライバーが一体となってダブル連結トラックを安全に運行するための教育を実施した。車両構造と特性の理解、連結部分の着脱訓練、車両感覚をつかむ訓練、一般・高速道路での走行訓練を実施したという。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ダブル連結トラックが走行できる高速道路を拡充 東北から九州まで 画像 ダブル連結トラックが走行できる高速道路を拡充 東北から九州まで
  • 宅配便大手4社がダブル連結トラック共同輸送、運転時間9157時間削減へ 画像 宅配便大手4社がダブル連結トラック共同輸送、運転時間9157時間削減へ
  • ダブル連結トラックの本格導入に向けて規制緩和 画像 ダブル連結トラックの本格導入に向けて規制緩和

特集

おすすめのニュース