小田急とSBドライブ、江の島周辺公道で自動運転バス実証実験を実施 8月21-30日

実験車両イメージ
  • 実験車両イメージ
  • 運行ルート

小田急電鉄と江ノ島電鉄およびSBドライブは、神奈川県と連携して、8月21日から30日まで、江の島周辺の公道にて自動運転バスの実証実験を実施する。

この実証実験は、神奈川県が取り組む「ロボット共生社会推進事業」と、小田急グループが目指す自動運転バスの実用化に向けた取り組みとして、昨年に引き続き実施するもの。セーリングワールドカップシリーズ江の島大会に合わせて、8月26日からは一般の人にも試乗してもらい、技術面に加えてサービス面での検証を行う。

使用車両は、日野『ポンチョ』をベースにした定員8名の小型バス。自動運転レベル3相当で走行する。運行ルートは、江ノ電バスの既定運行区間を一部延長した「県立湘南海岸公園中部バス駐車場」(臨時バス停)から「湘南港桟橋バス停」の間で、昨年の2倍の距離となる約4km(片道約2km)。

今回の実証実験では、車両が信号情報を取得して走行するほか、交差点に設置したセンサーによって対向車の有無を確認して右折するなど、昨年より高度な技術検証を行う。また車掌が同乗して、試乗者の乗降の補助や乗車時の本人確認、車内外の安全確認を行うなど、自動運転バスの実用化に向けて、技術面以外の必要なサービスについても検証する。

なお3社は、8月20日まで先着400名の一般試乗客を募集する。乗車料金はかからない。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集