北海道胆振東部地震による徐行運転を解除…室蘭本線と日高本線が通常ダイヤに 8月6日

徐行運転が行なわれていた室蘭本線の普通列車。2018年11月。室蘭本線岩見沢駅。
  • 徐行運転が行なわれていた室蘭本線の普通列車。2018年11月。室蘭本線岩見沢駅。
  • 徐行運転が行なわれていた日高本線の普通列車(左)。2018年11月。室蘭本線苫小牧駅。

JR北海道は8月1日、2018年9月に発生した北海道胆振東部地震の影響で実施していた徐行運転を8月6日に解除すると発表した。

徐行運転が行なわれていたのは、震源地に近い室蘭本線遠浅(とあさ)~追分~三川(みかわ)間、日高本線勇払~鵡川間で、8月1日時点では、室蘭本線の各列車で2~4分程度、日高本線の各列車で1分程度の遅れを見込んでいたが、補修箇所の線路状態が改善したことから解除される運びとなった。

解除により、室蘭本線では下りが苫小牧13時26分発岩見沢行き、上りが岩見沢12時52分発苫小牧行きから、日高本線では下りが苫小牧10時20分発鵡川行き、上りが鵡川10時58分発苫小牧行きからそれぞれ通常ダイヤに戻る。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 日高本線苫小牧-鵡川間は11月19日に再開…橋桁ずれの橋りょう復旧に目途 北海道胆振東部地震 画像 日高本線苫小牧-鵡川間は11月19日に再開…橋桁ずれの橋りょう復旧に目途 北海道胆振東部地震
  • JR北海道が台風21号と北海道胆振東部地震による減収額を公表…今年度末には17億円になる見通し 画像 JR北海道が台風21号と北海道胆振東部地震による減収額を公表…今年度末には17億円になる見通し
  • 日高本線苫小牧~鵡川間は12月上旬に再開の見込み…橋桁ずれが生じた厚真川橋りょうの復旧に着手へ 北海道胆振東部地震 画像 日高本線苫小牧~鵡川間は12月上旬に再開の見込み…橋桁ずれが生じた厚真川橋りょうの復旧に着手へ 北海道胆振東部地震
  • 節電で運休していたJR北海道の電車特急が9月20日にすべて再開 平成30年北海道胆振東部地震 画像 節電で運休していたJR北海道の電車特急が9月20日にすべて再開 平成30年北海道胆振東部地震

特集