三菱自動車、タイの累計輸出台数が400万台突破 31年で達成

レムチャバン港で行われた記念式典
  • レムチャバン港で行われた記念式典

三菱自動車は7月31日、タイからの累計輸出台数400万台達成を発表し、同国チョンブリー県レムチャバン港で記念式典を行った。

現地の生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)は現在、同県レムチャバンに3つの生産工場と1つのエンジン工場を持ち、日本国外の生産拠点としては最大規模。合計7000人以上の従業員に加え、数多くの関係者を含むサプライチェーンを形成している。

三菱自動車は1961年、タイで販売会社を設立し、1964年に生産事業を始め、1988年に自動車メーカーとして初めて同国からの輸出を開始。昨年には同国で生産した44万台のうち、約80%が輸出向けとなっている。

式典で三菱自動車の益子修会長は、「三菱自動車にとって、タイを中心としたアセアン地域は最重要地域であり、それぞれの国の顧客に求められる製品づくり、雇用、人材育成、投資、現地生産、輸出など事業を通じた地域への貢献とともに、地域に求められる社会貢献活動に取り組んできました。今後も地域と共に発展していけるよう、アセアン地域での活動を拡充していきます」と述べた。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱 アウトランダーPHEV、インドネシア市場に投入へ アセアン初 画像 三菱 アウトランダーPHEV、インドネシア市場に投入へ アセアン初
  • ボルボ S60 新型、米国から欧州へ初めて輸出…世界93か国に順次出荷へ 画像 ボルボ S60 新型、米国から欧州へ初めて輸出…世界93か国に順次出荷へ
  • スズキ エルティガ 新型、予約受注を開始…インドから世界へ輸出も計画 画像 スズキ エルティガ 新型、予約受注を開始…インドから世界へ輸出も計画

特集

おすすめのニュース