マルチスズキの純利益27%減、減価償却費の増加が要因 2019年度4~6月決算

スズキ・ビターラ・ブレッツァ
  • スズキ・ビターラ・ブレッツァ
  • マルチスズキ・アルトK10
  • 改良新型スズキ Sクロス(日本名:SX4 Sクロス)
  • スズキ・シアズ

スズキのインド部門、マルチスズキ(Maruti Suzuki)は7月26日、2019年度4~6月期の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は1873億5200万ルピー(約2960億円)だった。前年同期に対して14.1%減と、前年実績を下回る。

また、2019年度4~6月期の純利益は、143億5500万ルピー(約227億円)にとどまった。前年同期に対して、27.3%の減益となっている。マルチスズキによると、減益となった要因のひとつが、減価償却費の増加にあるという。

マルチスズキの2019年度4~6月期のインド新車販売は、輸出を含めた総販売台数が40万2594台。前年同期比は17.9%減だった。総販売台数が40万2594台のうち、インド国内は19.3%減の37万4481台。輸出は2万8113台だった。

マルチスズキの2018年度通期(2018年4月~2019年3月)の決算は、売上高が8302億6500万ルピー。前年度に対して6.3%増と、前年実績を上回った。一方、2018年度の純利益は、750億0600万ルピー(約1193億円)にとどまった。前年同期に対して、2.9%の減益となっている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集