ダイムラー、モビリティの新会社が業務開始…新世代のモビリティソリューションを顧客に

ダイムラーモビリティ本社
  • ダイムラーモビリティ本社

ダイムラー(Daimler)は7月24日、新会社のダイムラーモビリティが業務を開始した、と発表した。

ダイムラーモビリティは、ダイムラーの大がかりな組織再編で生まれた新会社だ。新たな体制では、ダイムラーを持ち株会社とし、その傘下にメルセデスベンツ、ダイムラートラック、ダイムラーモビリティの3社を置く。

ダイムラーモビリティは、ダイムラーの金融部門のダイムラーフィナンシャルサービスの業務を引き継ぐ。ファイナンス、リース、保険、フリート管理は、引き続きダイムラーモビリティの重要な事業となる。そのうえで、新世代のモビリティソリューションを顧客に提供していく。

ダイムラーとBMWグループは2019年2月、折半出資により新たな合弁会社を5社設立し、この新会社に両社のモビリティサービス事業を集約した。5つの新会社は、ドイツ・ベルリンに設立され、それぞれ「REACH NOW」、「CHARGE NOW」、「FREE NOW」、「PARK NOW」、「SHARE NOW」と命名された。

ダイムラーモビリティは、BMWグループなどのパートナーとのジョイントベンチャーを通じて、顧客に新世代のモビリティソリューションを届けていく、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集