日本初のバイク型コースター「GPレーサーズ」、鈴鹿にオープンへ 2020年3月

GPレーサーズ(イメージ)
  • GPレーサーズ(イメージ)

鈴鹿サーキットは、日本初となるバイク型リアルライディングコースター「GPレーサーズ」を2020年3月にオープンする。

GPレーサーズはレーシングバイクが駆け抜けるスピード体験や、リアルなバンク角で高速でコーナーを曲がるなど、トップレーサーたちが感じている世界を体験できるアトラクションだ。

マシンはスピード感あふれる大型レーシングバイクをベースとし、本物さながらのリアルな前傾ポジションでレーサー気分で乗車できる。バイクは1台に2名乗車するタンデムも可能。親子や友だちと一緒に楽しむことができる。

コースは全長約400mで、一部には鈴鹿サーキットのホームストレートが視界に飛びこむポイントも。2台のバイクが同時にスタートし、国際レーシングコースを走行している気分で、隣を走るライバルとのハイテンションバトルシーンを体験できる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集