インクリメントP、Windows向けナビアプリ開発キットを提供開始

独自の位置情報と組み合わせ、誘導案内中にアラートとしてユーザに通知することも可能
  • 独自の位置情報と組み合わせ、誘導案内中にアラートとしてユーザに通知することも可能
  • 基本機能

インクリメントPは、Windows環境のPCで独自ナビゲーションアプリを構築できるソフトウェア開発キット(SDK)「MapFan Navigation SDK」の提供を6月13日より開始した。

MapFan Navigation SDKは、コンシューマ向けナビアプリ「MapFan」で利用している機能エンジンを採用。方面看板やレーン情報、有料道施設情報など、一般的なカーナビアプリに備わる誘導案内の表示と音声それぞれを実現する。

基本となるナビゲーションの制御部分はSDKが担うため、警察や消防などの緊急車両、インフラ設備等での特殊車両向けにも、顧客独自のUIやデータと組み合わせた専用ナビアプリを構築できる。また、専用のハードを用意する必要はなく、GPS搭載のWindows端末であれば利用可能。すでに稼働中のWindows端末向けシステムにナビゲーション機能を追加することもできる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集