自律走行するロードローラーの業界標準機を開発へ 酒井重工業とJIG-SAW

酒井重工業のWEBサイト
  • 酒井重工業のWEBサイト

ロードローラを手がける酒井重工業と、IoTデータコントロールサービスを提供するJIG-SAWは6月13日、自律走行式締固め機械の業界標準機を共同開発するプロジェクトを開始することで合意したと発表した。

プロジェクトは盛土の土木構造物に求められる品質に大きく影響する締固め工程に用いられる締固め機械に関する自律・協調制御と、これらの自動操縦の機能を実用搭載する業界標準機を開発するのが目的。

両社は2015年から共同でロードローラ向け自律走行・操縦システムを共同で研究・開発し、実証してきた。これは酒井重のロードローラにJIG-SAWが開発する自律走行・操縦ソフトウェアを連携させるもの。これまで実用化・製品化を目指して取り組んできたが、研究開発、テストのプロセスを経て2019年内に実際の走行・稼働を実現場で実証することが可能なレベルとなった。

このため、業界標準機を開発するという位置づけを明確にし、より広い範囲で関連業界各社と連携していく。今後、同一現場で使用される他の締固め機械、他の建機類との協調制御機能についての開発にも取り組む。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集