【マン島TT】チーム無限、マン島入りし現地サーキットで最終テストを行う

チーム無限の最終テストに向けてコースインするマイケル・ルッター選手(マン島TTレース2019)
  • チーム無限の最終テストに向けてコースインするマイケル・ルッター選手(マン島TTレース2019)
  • 最終テストでジャービーエアフィールドを走行するルッター選手(マン島TTレース2019)
  • けがから復帰したジョン・マクギネス選手(マン島TTレース2019)
  • チーム員と言葉をかわすマクギネス選手(マン島TTレース2019)
  • TTレースは公道レースのためパドックも仮設テント。現地入りしたチーム員が設営を行う(マン島TTレース2019)
  • 5月29日、30日ともに天候不順でプラクティスは中止となった(マン島TTレース2019)

マン島TTレースの電動バイククラスTT Zeroに、自社開発電動バイクレーサーで2012年から参戦しているチーム無限が、現地5月26日にマン島入りし、28日に現地サーキットで最終テストを行った。

チーム無限はオリジナルの電動バイクレーサー「神電(しんでん)」シリーズで2012年に初参戦。2年連続準優勝ののち、現在5連覇中だ。今年はけがから回復した現役最多勝利選手のジョン・マクギネス選手がチームに復帰。昨年、神電七で優勝したマイケル・ルッター選手とともにベテラン勢で今年もワンツーフィニッシュをねらう。

28日には、旧イギリス空軍の飛行場をサーキットに転用したジャービー・エアフィールドで最終テストを行った。

チームを率いる宮田明広監督のコメント:
「今回の神電八最終テストは、マン島のマウンテンのシミュレーションとしてエネルギーマネジメントを中心に、ライダーのフィーリングに合わせることを目的に最終確認を行いました。マン島入り前にはドニントンでテストを行い、そこで出た宿題をひとつひとつ調整したので彼らも満足してこれでスタートできるという感触を得たのではないかと思います。今回、プラクティスが5回設定されていますが、このコースはとても過酷でただ走ればいい、というものでもないので、すべてのセッションを走るかは状況によると思います」

《小林ゆき》

編集部おすすめのニュース

特集