インフィニティ、グローバル本社を日本へ移転 日産本社との連携強化

インフィニティQ50(日本名:日産スカイライン)
  • インフィニティQ50(日本名:日産スカイライン)
  • 日産自動車グローバル本社(横浜市)

インフィニティモーターカンパニーは5月29日、今後3年にわたる電動化を念頭に、グローバル本社を香港から日本へ移転し、日産自動車との連携を強化すると発表した。

インフィニティは、中国を重要市場と定め、2012年より本社を香港に置いてきたが、戦略計画の一環として、2020年半ばに日産自動車本社がある横浜へと移転。日本に拠点を置くグローバルデザインや研究開発、生産といった各機能と融合し、電気バッテリーの発展や電動パワートレイン「e-POWER」の搭載を推進する。

戦略計画では、最大成長市場である北米と中国を引き続き優先。北米ではSUVラインアップの充実を図り、中国では今後5年間で新型5車種を投入する計画だ。その一方、東欧、中東、アジア・オセアニア地域でも成長を目指す。

インフィニティは、今後も独立性を保って事業展開し、ユニークで高品質なブランドアイデンティティーを極めていくが、同時に、日産自動車とアーキテクチャやテクノロジー、事務管理部門といった機能を共有して経営効率を高めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集