タイコエレクトロニクス、「次世代モビリティを実現する接続技術」を出展へ…人とくるまのテクノロジー2019

ホロレンズを使用したMR(イメージ)
  • ホロレンズを使用したMR(イメージ)
  • タイコエレクトロニクスのブースイメージ

タイコエレクトロニクスジャパン合同会社は、5月22日から24日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展」に出展すると発表した。

今回は「次世代モビリティを実現するための接続技術」をテーマに電気自動車・ハイブリッド車用コネクタ関連製品、車載用高速通信コネクタ、車載用ポジションセンサ・湿度センサなどを展示する。

車両から環境(V2I)、車両間(V2V)といったV2Xによる未来の通信に向けた製品をホロレンズを使用したMR(ミックスド・リアリティ)で紹介する。

同社の技術によって実現する次世代モビリティ社会を体験できるデモンストレーションとなっており、車両とクラウドの連携によるさまざまなデータの送受信、ヘッドアップディスプレイ(HUD)などのHMI(ヒューマンマシンインタフェース)、トラックの隊列走行などの製品を紹介する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集